さき織り作家さんと

 

 

  昨日、さき織り作家さんの紀伊さんがいらしてくださいました。

 

 

  半年ぶりくらいで、積もるお話の中、出生地の話に。

 

  「私の女子美時代の親友は武蔵関の産院で生まれたの。」

 

  「小生も武蔵関生まれ。同じ産院。・・・で彼女の名前は?」

 

  きっとツナガル!と思い、聞いてみた。

 

  「Nさん。」

 

  「もしかして下の名前は、○○さん?」

 

 

  なんとその親友とは私の同級生だった。

 

  しかも同じ産院生まれの。

 

 

  今は美術の講師をしているというNさんとこんど一緒にいらしてくださいな。

 

 

 

 


ポンタちゃんとみどりさん

 

  お昼過ぎ、数秒違いでショップに見えた羊毛のみどりさんとポンタちゃんのおかあさん。

 

 

  「先ほど、ご依頼のものが出来て、連絡しようと思っていましたが、

 

   Lakesideに来てしまいました。まさかここでお会いできるとは。」

 

  と、みどりさんがポンタちゃんのおかあさんに。

 

 

  3人で陽だまりでおしゃべり開始。ポンタちゃんポカポカして寝ちゃいました。

 

  

  「素敵な薬剤師さんがいるの。その人とお話ししただけで病気が半分くらい治る気がする。」

 

  と、話をした直後、本当にその薬剤師さんがショップに見え、3人でびっくり!

 

  

  少ないお客様のなかで、ツナガル率が高すぎます!

 

 


 


また、くらりすさんと


 

 

  5年ほど前からでしょうか?

 

  Lace Flowerさんに月1回、編み物を習いにおみえになる方がいます。

 

 

  昨日も3人でおしゃべりをしながら編み物をしている最中、

 

  私が差し出したフライヤー。

 

  「萩山でね、ガラス作家さんがお店をやっているから行ってみて。」

 

  「へぇー。 えっ!オーナーさんは小金井さん! この人知ってる!!」

 

 

  セーターを編んでいる手が止まりました。

 

  そのセーターを編んでいる生徒さんのお子さんと、小金井さんのお子さんが高校で同級生。

 

  お互いに卒対をやり、卒業後もたまに会う仲だったとか。

 

 

  生徒さんの自宅は東伏見で小金井さんは小平。

 

  高校の場所もかなり離れたところで、

 

  なんでそんな二人がここでつながるのでしょうか?

 

 

  昨日に続き「世の中狭すぎ」です。

 

 

  

 

 


<< | 2/5PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR