ロックの不思議

 

  昨日、3月31日の朝の散歩の事でした。

 

  

  散歩のルートは2パターンあって、

 

  東方面コースと、西方面コース。いつもロックにどちらに行くか

 

  任せています。歩く道は、大体決まっています。

 

 

  昨日はいつものコースから外れ、武蔵関に続く川沿いをどんどん行くのです。

 

  川面に垂れた桜は見事で、見ごろで、、「ロックは桜を私に見せたかったのかなぁ?」

 

  なんて思いながらロックの後を歩いていました。

 

  朝の散歩では初めて通る道です。

 

  そのうち踏切を渡り本立寺の方へ行くのです。

 

  「まさか・・・。」

 

  本立寺は私の両親や祖父母が眠るお墓があります。

 

 

  お寺の前まで来るとロックは山門を見上げました。

 

  7時前なので、門は固く閉じたまま。

 

  すると山門を通り過ぎ、その先のお寺に行く人の車専用の道から、

 

  お墓の方へ入っていくのです。

 

  「なんでロックはこの道がわかるのだろう?」

 

  

  引っ張られるままに行くと、うちのお墓の前で止まりました。

 

  「やっぱり・・・。」

 

 

  昨日、3月31日は父の命日でした。

 

  父が亡くなったのは、もう50年も前の事。

 

  幼くして亡くした父だけど、

 

  ただ一人の父なので、毎年命日は忘れたことがありません。

 

  昨日も同じ。朝起きると「あー、また命日がやってきた。」

 

  と思っていました。

 

 

  その気持ちが、口には出さないけれどロックに通じたのか?

 

  はたまた父がロックを誘導したのか?

 

  うーん、不思議です。

 

 

  今日の朝の散歩は通常コースに戻り、

 

  やはり昨日は特別なことだったんだと痛感。

 

 

  もしかしたらロックは父の生まれ変わり???

 

  


スポンサーサイト

  • 2019.06.17 Monday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR