ヨタカの鳥小屋

 

  リバーカフェのお客様で、東京都から依頼を受け、

 

  傷ついたヨタカを預かっている方から、鳥小屋の御注文があった。

 

 

  野鳥なので傷が治ったら自然に返さなくていいけないのだけど、

 

  羽が折れてボトルで止めてあるが、もう飛ぶのは難しいらしい。

 

 

  今、段ボールで飼われていて、先を見据えて本格的な鳥小屋を・・・と。

 

 

  私としてもうれしいご注文で、鳥のためなら一肌脱ぎましょう!

 

  と意気込んだけど、ご希望サイズを伺い、びっくり!

 

 

  横900、奥行き600、高さ1600。

 

  洋服ダンスより大きいかも。

 

  まぁ、ヨタカが入るから、羽ばたいたらそのくらい必要です。

 

 

  納期は1月20日とまだ先だけど、冬休みを利用して作業開始。

 

 

  1枚13キロはある材が3枚分。壁相手に組んでいくけれど、

 

  組んだものが木工部屋だと回せないし、外に出せなくなるので、

 

  仕方なくリビングで合体!

 

 

  渾身の力を込めて組み上げ、何とか骨組みはできた。

 

  あとは天井と扉と細かいところ諸々。

 

 

  腕の筋肉がパンパンなので、少しインターバルをおきます。

 

  筋肉パンパンだけど、ヨタカのことを思っての作業は楽しい限り!

  

 

  


スポンサーサイト

  • 2018.09.19 Wednesday
  • -
  • 22:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR