シナチャン

 

  先日他界したチョキチャンの妹、シナちゃん。

 

  うちで生まれた2回目の3兄弟のうち、うちに残した唯一の女の子。

 

 

  ショップが終わり、いつものように鳥かごをのぞくとなんだか元気がない。

 

  「どうしたの?ご飯もあまりたべてないね。大丈夫?」

 

  ドキドキしながら保温器を入れ、鳥かごをラップでくるんで設定温度35度。

 

 

  羽を膨らませ、目をつぶってしんどそう。

 

 

  チョキチャンの事もあり、もう悲しい思いをするのはかんべん!

 

  ・・・と思っても、お医者さんはやっていないし、見守るしかない。

 

  

  夕飯を作りながら、ご飯を食べながら、心配、心配。

 

 

  2時間近く過ぎたころ、「ちーちーちー」と苦しそうに鳴き始めた。

 

  鳥かごのそばにより、「どうした?苦しいの?」。

 

  尾羽を扇子のように閉じたり開いたりしている。初めて見る鳥の姿。

 

  「つらいね、つらいね、」と声をかけた途端、

 

  「ぽとん!」何か落ちた音が・・・。

 

  「あらら、シナちゃん。卵が産まれましたよ〜。初出産で苦しかったんだね。」

 

 

  止まり木にとまったまま生み落とした卵を不思議そうに眺めていたシナちゃん。

 

  15分もたつと元気を取り戻し、「あーよかった。」

 

 

  9羽の鳥との生活は、いろいろなことが起こります。


念力

 

  「ムーチャン、写真撮るよ〜。」

 

 

  スマホを構えて、しばらくすると「カシャ!」。

 

  あれー、画面に触れた覚えがないけれど、シャッターがきれた。

 

 

  おやおや、とうとう私も念力が使えるようになったかいな?

 

  ちょうど撮ろうと思ったタイミングで写せた。

 

  すんごい。この歳で不思議な能力が!!!

 

 

  「ムーチャン、もう1枚。」

 

 

  今度は意識を集中して、また構えるとやはり「カシャ!」

 

  あれれ、その「カシャ!」は鳥かごのなかから聞こえた。

 

 

  「ムーチャン、スマホのシャッター音、真似したの?」

 

 

  すんごい、のは、私ではなくて、ムーチャンだった。

 


きんか荘

 

  我が家のアパート「きんか荘」。

 

  1号室、2号室、3号室、4号室。

 

  うちでうまれたきんかたちが暮らしています。

 

 

 

  今日、3号室の男の子に里親さんが決まり、引っ越しました。

 

 

  「文鳥が飼いたくて見に行ってきました。」

 

  「きんか鳥じゃだめですか? やはり手乗りがいいですよね?」

 

 

  先日段ボールマフラーのワークショップに参加された方は、

 

  偶然にも小鳥を飼いたいとお考え。

 

  きんかをご存じないらしく、お見合いをしたところ、「かわいい!」

 

  ご主人さまの同意を得て、今日車で引き取りに見えた。

 

  ワンちゃんと同居故、放鳥はしないらしく、ちょうどよかった。

 

 

  少し前に叔母の所に行った男の子に次いで、2回目のお婿いり。

 

  さみしくないといえばうそになるけれど、

 

  皆さんに鳥の可愛さをおすそわけできれば、その喜びの方が大きいのです。

 

 

  

  元気でね!!!

 

 

 

 

  


| 1/15PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR