本日鳥ディー

 

  今日は、不思議と鳥好きのお客様が多くいらした。

 

  

  だいぶ暖かくなったので、サンチャン、ムーチャンも接客。

 

  サンチャンは歌で、ムーチャンはおしゃべりで。

 

 

  その中でまたちょっとしたつながりが。

 

 

  初めていらした若いご夫婦。

 

  お散歩でたまたま通りかかったとおっしゃる。

 

  奥様も鳥好きで、子供のころ、文鳥をお飼いになってたらしい。

 

  「私も昔、白い文鳥を12年飼っていました。名前ははるちゃん。」…と私。

 

  「エッー、私の名前もはるです。!!!」…と奥様。

 

 

  初めてお会いしたのに、なんだか妙な親近感でして。

 

  しかも私も奥様も文鳥の最後は手の中で。

 

  そんな話をしながら、お互いに涙ぐむ初対面同志。

 

 

  今は鳥はいらっしゃらないらしいけれど、

 

  これを機会に是非!とお勧めしてしまいました。

 

 

  文鳥がつないでくれた不思議なご縁。

 

 

  もうひとつ、文鳥のご縁の大事な話を近いうちにお話しします。
 


さき織り作家さんと

 

 

  昨日、さき織り作家さんの紀伊さんがいらしてくださいました。

 

 

  半年ぶりくらいで、積もるお話の中、出生地の話に。

 

  「私の女子美時代の親友は武蔵関の産院で生まれたの。」

 

  「小生も武蔵関生まれ。同じ産院。・・・で彼女の名前は?」

 

  きっとツナガル!と思い、聞いてみた。

 

  「Nさん。」

 

  「もしかして下の名前は、○○さん?」

 

 

  なんとその親友とは私の同級生だった。

 

  しかも同じ産院生まれの。

 

 

  今は美術の講師をしているというNさんとこんど一緒にいらしてくださいな。

 

 

 

 


ポンタちゃんとみどりさん

 

  お昼過ぎ、数秒違いでショップに見えた羊毛のみどりさんとポンタちゃんのおかあさん。

 

 

  「先ほど、ご依頼のものが出来て、連絡しようと思っていましたが、

 

   Lakesideに来てしまいました。まさかここでお会いできるとは。」

 

  と、みどりさんがポンタちゃんのおかあさんに。

 

 

  3人で陽だまりでおしゃべり開始。ポンタちゃんポカポカして寝ちゃいました。

 

  

  「素敵な薬剤師さんがいるの。その人とお話ししただけで病気が半分くらい治る気がする。」

 

  と、話をした直後、本当にその薬剤師さんがショップに見え、3人でびっくり!

 

  

  少ないお客様のなかで、ツナガル率が高すぎます!

 

 


 


| 1/4PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR