サザナミインコ ココ



  
  「ココチャンはどこにいるの?」

  昨日母にお線香をあげに、以前開催していた寺子屋の先生と生徒のお母さまがみえました。


  弔問にいらしてくださった多くの方が、同じことを質問されます。



  昨年夏にココがうちにきて、間もなく母が入院。

  入院中に生後2か月でおぼえたミッキーマウスマーチ。

  母が退院後、なぜか母が大好きで、放鳥すると必ず母のそばに。

  母もココが大好きで、ふたりでよく合唱をしては笑っていました。


  そんな姿を見て、本当にココが来てくれてよかった、と何度思ったことでしょう。

  ぴよが短命だった分、ココにはずっとそばにいてほしい、大事にしよう、と。


  11月末でした。

  夕飯後、私がついうとうと居眠りをし目を離したすきに、ココを事故で死なせてしまいました。

  「自分のせいで・・・。」

  自責の念にさいなまれ、しばらくは庭に来る小鳥にも目を伏せていました。


  「鳥好きを豪語しているくせに、私には鳥を飼う資格がないのでは。」

  そのころから、母の容態も悪くなってきて、私の気持ちは底の底にありました。



     「動物は使命があってその家に来る。その使命が達成すると去っていく。」

  幼いころから何十匹と、いろいろな動物を飼ってきて私が身をもって感じていたことでした。

  ココの指名はなんだったのか?

  ココの指名を考え、それがわかってから初めてココを天国へと見送ることができました。

 
  「明美さん、動物は長さではないです。濃さです。ココちゃんは、濃かった。」と寺子屋の先生。



  今頃は、母と二人で仲良く歌を歌っていることでしょう。

  「ココ、うちにきてくれてありがとう! ばあばをよろしくね!」

  

 

今日のインココ



毎日毎日絶好調(鳥)のココさん。

ミッキーマウスマーチもすっかり自分の歌にして、毎日歌いこみ。


お母さんは迷うの。一生、一曲を歌いこんでいくか、次の曲をおしえるか。


あなたの目を見ていたら、「うん、大丈夫。次行こう!」って気になり、

「はとぽっぽ」を伝授中。


「みんなでなかよくたべにこい〜。」のところがココの琴線にふれ、

そこはあっという間にマスター。

もうちょっと。前半のメロディーもがんばろうね。

今日のインココ




アロマのHUG EVERさんが今日、お子さんとみえた。

帰り際、外に出られた時点で「ココに会いたい」という事で、今日はお外でご対面。


すると、いつも外をお掃除してくださる方が丁度家の前を掃いていて、つい声をかけてしまった。

「うちのサザナミインコです。見てください。」


なんと彼女もインコ好きで、自宅でセキセイを十数羽飼っているらしい。

4畳半のお部屋がインコ部屋。

親、子、孫と三代のインコちゃんと生活していて、どんどん増えている。

すごい!セキセイパラダイス!!


「ココちゃん、あんた一人っ子だけど、うらやましい?」

| 1/7PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR