昨日のサザエさん(ジャム編)

 

 

  レモンジャムと甘夏ジャムを「雲雀の小麦工房」さんへ納品に。

 

 

  車をいつもは駐車場に入れるのを、昨日はなぜかお店の前へ路駐。

 

  数メートル先の交番を気にしながらも、

 

  さっと置いてさっと帰るつもりで。

 

  ところがお店の階段で転び、おっとっとと頭から飛び込む形で入店。

 

  「大丈夫ですか?」

 

  

  恥ずかしさでいっぱいになりながらも、「ジ、ジャムをの、のうひんに・・・」と

 

  詰めていた保冷バッグを開けると10個中1つ割れていた。

 

  ほかはセーフでも、蓋がへこんでいるものもあり、レジ袋をもらい、

 

  割れていないものをそこに入れ替え、全部持ち帰ることに。

 

  その間3組のお客様の対応が終わるまで待っていてからの作業で

 

  かなり時間がたち、車が気がかりで。

 

 

  「出直しまーす。」と車を見ると、私のせいで少し渋滞に。

 

  「大変!」とキーを探すと見当たらず、

 

  「そうだお店の棚に!」と保冷バッグとレジ袋を歩道において、お店に。

 

 

  キーを手に戻りあわててドアを開け、運転席に座り発進!

 

  「よかった〜。おまわりさんに見つからなかった〜。」

 

 

  帰りにスーパーによりゆっくり買い物をして家に帰り、荷物を降ろし気が付いた。

 

  「ジャムを歩道に置きっぱなしだ!」

 

 

  またまたおわてて引き返し、歩道を見ると何もない。

 

  「交番に行ってみたら?」とパン屋さん。

 

 

  「まず、書類に記入して。」

 

  「はあ・・・。」テンション下がりながらも頑張って記入後に

 

  「届いていますよ。」とおまわりさん。

 

  「保冷バッグのジャムはわれていたので洗っておきました。」

 

  「お手数おかけしました。」

 

 

   刑期を終えてシャバにでる受刑者のように交番をあとにした疲れ切ったサザエでした。

 

 

  

 

  


ピーちゃんご帰館

 

  木曜日からお泊りしていたピーちゃんが帰ってしまった。

 

 

  やっとムーチャンと遊べるようになってきたのに、

 

  慣れたところで、さようなら。

 

 

  ムーチャンもピーちゃんも迷子のインコちゃん同志。

 

  なんだか性格や行動も似ている。

 

 

  マイペースでこびないけれど、人間大好き。

 

  ずっとおしゃべりしていて、鏡大好き。

 

  

  そう、鏡の前から離れない。

 

  最後にかわいいツーショットが・・・。

 

 

  ピーちゃん、またおいでね!


今日の武蔵関公園

 

    今の季節、大好きなポイントが、ある。

 

   公園南側の島に一面のだいこんの花が。

 

   島に咲いているので、荒らされることもなく、

 

   種で年々面積が広くなっていく。

 

 

   桜のピンクと、紫が相まってとってもきれい。

 

 

   写真を撮り、池を半周回ったところへ、池の中に鵜を発見。

 

   つり禁止の看板の上にちょこんと乗って羽を広げて気持ちよさそう。

 

   側に行っても全然警戒しない。

 

   鵜をこんなに近くで見たのは初めてで、

 

   とっても大きくて、黒光している羽が魅力的。

 

 

   この鵜ちゃんを見かけて、3年目くらいだけど、

 

   少し滞在して、またどこかへ行ってしまう。

 

   ふつう群れで行動するけれど、彼は単独行動。

 

 

   まるでフーテンの寅さんみたいね。

 

  「寅さん、いつまでいるの?」


| 1/325PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR