虹のブラウス

 

  先日アップした白いタンガリーのプルオーバーを一つお買い上げいただきました。

 

 

  「ほら、虹のブラウスになった!」

 

  時刻は3時前。

 

  ちょうど西日がサンキャッチャーを通りショップ内は虹でいっぱい。

 

  「きれい!プリントされたみたい!」

 

 

  サンキャッチャーは、少女の気持ちにさせてくれる。


川越

 

  「かなりの雨予報だけど、どうする?」

 

  「会える時に会っておこうよ。」

 

 

  今日、大雨の中、バイト時代の友人4人で川越にてのランチ会。

 

  もうずーと前から続いている恒例行事だけれど、

 

  3年前は5人だった。

 

  急なお別れで4人が駆け付けた日も、冷たい雨が降っていた。

 

  

  この年齢になると、覚悟しなくてはならないことがたくさんある。

 

  

  そんなことを考えながら、五百羅漢の濡れた石畳を歩いてきた。


不思議な日

 

  今日はなんだか不思議な日。

 

 

  ショップ前にペットショップコジマに鳥たちの餌を買いに。

 

  すると売れ残った錦華鳥のご夫婦が、1980円!

 

  昨年6月生まれで、手乗りではなく、しかも寿命が5年しか生きない。

 

  あと4年の命で、たぶん売れる確率は相当低い。

 

  「あの夫婦、どうなっちゃうんだろう?」と気になって帰宅。

 

 

  「そうだ、最近めっきりお客様が来ないけれど、今日、売り上げが錦華鳥の値段と、

 

  鳥かごの値段を上回ったらうちでお迎えしよう!」と決め、ショップをオープン。

 

 

  ほどなく筆跡診断の美晴さんとリバーカフェのオーナーさんがみえ、

 

  そのあといらっしゃるお客様が、みんなお二人に関連するお客様ばかり。

 

  「ここで会えたねぇ。」の連発ばかり。

 

  そのうちplumeさんやさき織りの紀伊さんまでみえて、冷たい飲み物で大宴会。

 

  大宴会の終盤頃、錦華鳥の話を皆さんに告げたら、「それは飼うべき!」とのこと。

 

 

  目標金額達成の売り上げがあったということは、そういうことだ、と思いつつも、

 

  先住鳥たちの事や、家族の反応やらで決めかねていた。

 

 

  とりあえずコジマに向かうも、自転車をこぎながら、ずーと悩む。

 

  悩みながらコジマを通り過ぎ、気が付いたら信号3つ先のオリンピックまで来てしまった。

 

  「こんなに悩むならやめよう。ここまで来たからお花を見て帰ろう。」

 

 

  自転車を降りて草花をながめていたら、「鈴木さーん!」西荻の美容室トリップのみどりさんにばったり。

 

  みどりさんにばったり会ったのは、10年以上の付き合いだけど、初めてくらいで。

 

  トリップは鳥っぷ?

 

 

 

  ことの顛末を離すと「それは絶対飼うべきです。一緒に行きましょう。」

 

  お仕事がお休みのみどりさんと2人でコジマへ。

 

  錦華鳥夫婦を前に、まだ悩む私に「じゃあ、鳥のお金は私が払うので、鈴木さんは鳥かごを。」とみどりさん。

 

  「いやいや、そんなことをしたらダメです。じゃぁ私、かいます!!!」と半ばダチョウ倶楽部状態でついに購入。

 

 

  今、錦華鳥夫婦は布をかけられて寝ています。

 

  明日起きたら、知らない場所でびっくりするでしょう。

 

  

  今日は、出会う人すべてに錦華鳥夫婦をお迎えすことを後押ししていただきました。

 

  本当に不思議な日。

 

  

 

 


| 1/311PAGES | >>

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Selected entries

Categories

Archives

PR